So-net無料ブログ作成
検索選択

お別れの日・・・

17日・・・
朝はいつもと変わりなく見えました。
ただ、多尿のミフィーが早朝に一度したきりでそれ以降
おしっこが出ないのがとても気になってました。
おしっこが出ないことはこの病気にとって1番致命的なことなので。。。
何とかさせてみようと試みたのですが
お水を飲もうとはしてもおしっこの気配はずっとありませんでした。
給餌は、朝の2回は終えました。
でも、力ないごっくん(飲みこみ)に
その後はかわいそうでできませんでした。
お昼以降・・・見る見る体力が無くなるのを感じました。
朝はフラフラしながらも歩いていたのに
お昼からはほぼ寝たまま。
そして、夕方意識がもうろうとし始めました。
覚悟を決めてミフィーを抱っこして
『ありがとう・・・パパには伝えておくからもう頑張らなくていいよ』と・・・
そうしている間に目の焦点が合わなくなって苦しそうに
お口が開いてきたからもうダメかなって思いました・・・
でも、力を振り絞って上半身を持上げようとしたので
もう少し頑張れるの?そう思って立たせてあげると
フラフラになりながらもケージの中へ・・・
水入れの前で力尽きて座り込んでしまったので
ベッドに移動させました。
そこからパパの帰りを待つまでの時間・・・かなり長かったです。
間に合うように・・・必死で祈りました。
パパが帰ると安心したのか
ミフィーの顔が弱冠穏やかになりました。
それから数時間・・・
嘔吐も下痢も大きな発作もなく・・・
ミフィーは静かにそっと息をひきとりました。
最後の最後まで親孝行な子だったと思います。
腎不全も末期になると尿毒症の症状があらわれとても苦しむ最後に
なるかも知れないから凄く不安だったけど
まるで、そんな私達の気持ちを察していたかのような静かなお別れでした。
亡くなった直後に出たおしっこは久し振りに見た黄色いおしっこでした・・・。


共通テーマ:ペット
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。